4連勝

4連勝は3年ぶりということでちょっと調べたら2017年シーズンの5月のことだった。アウェイが3試合でのその結果は価値がある。今回は11連戦の6戦めでのことで5試合負けなしともなった。 前節から中2日のフアンマのスタメンは無いかと思っていたのでやや…

無失点

久しぶりの連勝。チャンスの数で言えば負けているのだが、こういうことがままあるのがこの競技。もちろん最後の最後で自由にやらせなかったDF陣と、当たっていたセランテスの好セーブがあればこそなのだが。 とは言え正直ストレスを抱えながら観る試合ではあ…

快勝

松本を広島からローンで加入させることが出来た。これが大きかったのだろう。前が戻ってきて中盤の構成に多少なりとも余裕が生まれたように思う。松本が来てくれなかったら余裕など無いままだったし、そこには草民のアジャストも大きく貢献している。 ターン…

夏の5連戦(5/5)

とりあえず連戦を勝ちで締めくくれて良かった。内容としては引き分けが妥当だったかもしれないが、そこはサロモンソンのスーパーなFKが勝敗を分けた格好だ。ただし、このFKもフアンマの抜け出しからGKのクリアミスを誘い、遠野がダイレクトで時間をつかわず…

夏の5連戦(4/5)

残念。そして頑張っている選手は本当によくやっていると思う。勝ちにいってギャンブルをした結果ではあるけど、可能性を感じないアイデアの先にあったのはこちらの失点だった。 今は耐える時期なのだろうが、闘う気持ちを持って乗り切ってもらいたい。

夏の5連戦(3/5)

嫌な予感がしていた。そしてそうなった。 スタメン自体は良かったし、ほとんどの時間帯で良い時期に近くなっていたと思う。やはりフアンマと遠野、とりわけフアンマがいると起点が作られやすくなるし、押し込める時間があれば維持できる。動きがまだ良くない…

夏の5連戦(2/5)

この試合は明らかに低調なパフォーマンスだった。別に前半のみで交代した選手だけの問題じゃない。ただし、最終的なメンバーは闘っていたと思う。こちらとしては前半からの主審の笛とも戦っていたわけで、まったくの不当な判定があり上島や三國の態度もうな…

夏の5連戦(1/5)

前節の大宮戦が急遽中止となり、前の陽性とその他全員の陰性が発表された。遠征先でのそのような事態のあとチームがどういう制限や対応をしていたのかはわからないが、今節で気になっていたのはスタメンのことだ。 大宮戦自体が3連戦の3つ目ということで一度…

気合と根性だけでは難しい

先日、J1で広島ー名古屋戦が中止になった。経緯としては、まずグランパスの1選手が陽性と判定されて、その後さらに試合当日になって選手とスタッフに1名ずつの陽性が確認されたことからリーグ側は中止を決定。早い対応だったと思う(その後さらにグラン…

3連勝

3連続のウノゼロ。というか開幕戦含めて、勝ち試合はすべてということになる。ただし実際にはこれまでこちらのチャンスはファインセーブに防がれて、という場面はいくつもあった。そしてこちらのピンチは明らかに少なくなっていると思う。 つまりチャンスの…

J2再開後

再開してから少し経った。と言ってももう5試合消化したことになる。 琉球戦は再開後の一戦目で良かったかも知れない。試合勘の無さ、無観客など、アウェイの不利を打ち消す条件が揃っていたから。そして長崎。いよいよ本格的に再開したなと思える内容で、ス…

VAR見送り?

Jリーグの再開後にVAR実施を見送るかどうかを検討しているということだが、Kリーグは実施している(導入は2017年シーズン途中から)。 先週末のKリーグ第5節、FCソウルー全北現代では前半ATのパク・チュヨンのシュートがクロスバーに当たってゴールライン際…

邦本(쿠니모토)フル出場

youtu.be Kリーグは3節を終えて全北が3連勝。そして邦本は初スタメンでフル出場している。 このハイライトしか見ていないがよくボールが回ってくるようで、特に左右に散らすシーンが多いようだ。前半はスコアレスだがやはり全北が主導権を握っているようで…

Kリーグ開幕

お隣の韓国は新型コロナウイルスへの対応をスピード感を持って行った結果、とうとうKリーグを開幕させた。 そして慶南から全北に移籍した邦本が途中出場している。全北は言わずと知れたKリーグの雄であり、そのようなクラブに彼が所属していることは素晴らし…

懐かしい

/過去の名勝負を"新たな実況・解説"を付けてフルマッチでお届け⚡\当時この試合に出場した #北澤豪 氏を解説者に、実況に #八塚浩 氏を迎えてお届けします4/4(土)⌚19:00Jリーグ1993 V川崎×浦和「Re-LIVE」https://t.co/u4BaoHt81Qで配信@TokyoVerdySTAFF @R…

サネの移籍

横浜FMがアビスパから實藤を完全移籍で獲得…昨季はJ2で32試合に出場 | サッカーキング この COVID-19禍による中断期間では意外なタイミングで移籍がなされている。いろんなケース、思惑、事情があるのだろうが、なんと實藤が昨年の覇者、横浜FMに完全移籍と…

降格なし

www.goal.com 最初は違和感があった「降格なし」。しかし、そうした1部への優遇は、そこにいるための「これまでの努力」を遇している、と捉えるべきなのかと思えた。 5年おきに努力をしても継続できないものなら意味は薄い。来季は4チームが降格となる見通…

2020シーズン

期待のシーズンが始まった。開幕戦では一体どのようなパフォーマンスを見せてくれるのかと、新鮮な心持ちでテレビ観戦をした。無理もないことでスタメンには新メンバーが8人並び、昨年のメンバーからは石津、篠原、セランテスのみが「残った」という格好だろ…

2019シーズン

井原が去って、イタリア人が来た。そしてまとまらないまま去っていった。そして火中の栗を拾った久藤が持ちこたえた。ざっくり言うとこんな感じ。 それでもシーズンを通して強度は落ちきらなかった。そこにヤンドンヒョンや加藤など途中から加入してプラスに…

冨安、復帰に近づく

www.footballista.jp 所属チームの現コーチがルーキーを語る、というのは面白い。しかもそれなりにしっかりと冨安獲得の経緯から触れられている。彼の能力をチームに落とし込んでいくことで今季のボローニャは形成されていったという。非常に評価されている…

守備は大事

www.jleague.jp 概ね新潟サイドに主導権はあったが、気持ちの良い2発で勝ってしまう。そういうこともあるし、逆もまた然り。守備面での集中力が光った内容だったと思う。 まずは前川のゴラッソ。スペースを与えられて良い位置に動かしてから左足を振り抜い…

仕方ない?

www.jleague.jp 相手との位置関係を考えればあのような内容になることも仕方ないのかとも思う。欲しい追加点は得られなかったが、長い時間を1-0で切り抜けたことは本当に良かった。 先制点のクオリティの高さが全てだった。菊地のスーパーなロングフィードを…

快勝、トミヤシュ

www.jleague.jp 前半の途中まではほぼ支配していたが得点に至らず。するとよくあることで、カウンターから決定的なシーンが。ここで詳しく触れることもないだろうが、最後までボールに集中していたから右手一本でも至近弾を弾くことができたのだと思う。運も…

夏の戦い

www.jleague.jp 良い試合だったと思う。連戦のアタマだからということなのか、松田はベンチ外で前川がスタメンになったが、積極的なプレーでフル出場。勝ち点獲得に貢献していたと思う。 水戸は今の順位が相応しいと思えるチームだと感じたが、アビスパも攻…

夏の珍事

web.gekisaka.jp いやあ、驚いた。ここ2、3年でのブラジル人選手にまつわる残念さをさらに上回る残念さ。ただし疑問もある。 上の記事では 日本サッカー協会の「サッカー選手の登録と移籍等に関する規則」の第1章「登録」第2節「登録手続き」の第12条「シ…

夏の補強

公式LINEが前のめりな感じでペドロ・ジュニオールの加入を伝えてきた笑 今年タイのブリーラムに所属していたとのことで、なにか直近の映像があればと思って見つけたのがこれ。 www.youtube.com アシストをしているし、走れてもいるようだ。サイズもあるので…

後半戦

www.jleague.jp とにかく結果が出て良かったと思う。山口戦で構成を変えてから悪くないと感じていたが、前節の岐阜戦では中盤の強度が明らかに足りていなかったことと、ケガ人のこともあって流れをつかめなかった。とは言え今節では松田が戻ってくるし、あと…

切り替えて

www.jleague.jp 前半で3-0の可能性もあった。しかし、である。 個人的にはセランテスで失点するケースというのは「かなりのファインゴール」「ミス絡み」「運が悪い」という感じで、基本的に安心して観ていられる。ただしそれは観る側の立場であって、ピッチ…

ペッキア退任

驚いた。家庭の事情ということだが、まだ低迷するチーム状況を見渡せば「責任放棄」という言葉が頭をよぎる。プライバシーを明かせないことは理解出来るし、よほどのことなのだろう。 とは言えこのような報道もあり、モヤっとする。 www.goal.com そしてまさ…

再起

sakanowa.jp 好調なようで良かった。こうして目標をはっきり語ったのだし、向上し続けていってもらいたい。