J1残留

今の勝ち点になったときにすでに時間の問題だった残留が確定した。この試合は負けてしまったが、内容自体は今季積み上げてきたものを表現していたと思う。今となってはアビスパはたとえ負け試合であっても十分楽しめるチームになってきている。相手が神戸ということもあって、良い意味でお互いの持ち味を引き出せた対決だったのではないだろうか。

神戸は強力な新戦力が増えて、今変わっている途中だと思うがとにかくクオリティを持ったタレントが多くいるので時間とスペースを与えないことが重要になる。それは出来ていたし、終盤になれば相手のパフォーマンスが落ちることも予想されたのだけど、実際はそうならなかった。やはり戦力の厚みが違うし、ACL出場権への気持ちの強さを感じるパフォーマンスだった。

対してこちらは選手交替による良い変化が出せなかった。なされるべき手当てもあったがあえてのことなのだろう。そこで期待されたものはこの先に持ち越しになるか、諦めるのか。目標である勝ち点や順位のこともあるが、まだ向上できるはずなので、これからも期待したい。

あちらは新しい手札があり、こちらの手札は既に晒されていた。しかし強いカードが無くてもカードが揃えば勝負できる。今季のアビスパはそういう闘いをやってきたわけで、それが強みなのだ。隊列を整えて、また次に備えて欲しい。

対応への対応

やりたいことをやられているなあと思いながら前半を観ていた。それは清水の権田のコメントにもあらわれているし、もはやアビスパの強度はJ1でも認められているのだ。それをこの試合でも示せたかと言うと、物足りなくもあったか。いや強度というか精度が低かったと言うべきかもしれない。

失点シーン(両方)はやや不運にも感じられたが、囲い込んでこぼれたボールが相手の選手のところにいくのは、読みのところだったりもするだろう。崩されたというより、ミス寄りのものなので修正は出来るはずだ。

相手はよくスカウティングしてきたと思うし、そういう中でも辛抱強くバランスをとって戦うのが今のアビスパだと思うので、後半開始直後の2失点めは誤算だった。それでも見るべきシーン、チャンスもあったし、時間が経つにつれて相手が落ちてきたからフレッシュな選手が仕事をした。ラストプレーであわやという場面もあり、下を向くことはまったくない。もし追いつけばまたしても2-2というスコアになったのか。

代表ウィークの期間をどう活かすのか。次は浦和に大勝した神戸であり、ACL出場権を争うチームである。楽しみだ。

ノースロンドン・ダービー

冨安の評価が上がっている。期待通りであるし、実際のところ彼はいつも期待を超える成長を見せてくれる。現地の記者の記事を読んで、ノースロンドン・ダービーに際してのマッチデー・プログラムに9ページもの分量で冨安のインタビューが掲載されたことを知った。それで気になって公式サイトを覗いたらまさにトップページに大きく取り上げられていた。上記のリンク先がそのインタビューの内容で、確かに長文である。

内容自体は障りのない新加入選手の紹介ではある。おそらくデビュー戦となったノリッジ戦の後にインタビューされたものをまとめたのだろう。彼の大まかなキャリア、福岡生まれであること、ユース年代にイングランド代表と対戦して大敗したこと、イタリアを経てプレミアに来たこと、吉田麻也の存在、岡崎慎司と同様にプレミアを制したいこと、さらにCL制覇の野望まで。多くの穏当な発言の中でとんでもない目標も出たが、このダービーでの振る舞いの後ではただのリップサービスでもないと思えてくる。つまり彼はその頂点に立てるチームの一員になれる可能性があるということだ。

冨安はセリエAでのキャリアのほとんどを無観客で過ごし、同様の五輪とA代表のスケジュールこなして準備期間もほとんどないまま熱狂のプレミアに突入した。そんな状況の中で彼が楽しんでいる様子が伺えて、それは凄いことだなと思う。

そういう冨安なので、ダービーでも臆することなくプレーしていた。この試合では前半で3-0というスコアになってスタジアムはまさに熱狂の渦となっていた。冨安のプレーへの反応も良く、後半にはスパーズが左を多く使ってきたので守備機会が増えたが、ここでも好プレーで沸かせている。ラムズデールとの熱いシーンや、CKではシュートも。ベン ホワイトの「右にパスをしない傾向」も手当てされていたようで、アルテタの期待感やチームからの信頼などもより感じられるようになった。これも凄い。

これから冨安越しに最新のプレミアを知っていくことになるが、彼がどのようにグレードアップしていくのか楽しみだ。

ダービー勝利

試合後のインタビューで山岸が言っていたFWからの守備意識は、リンク先の選手コメントにおけるフアンマの発言にもあり、この2人の攻守にわたる献身性とクオリティは指揮官もコメントで触れている。直近の4試合で10得点というのは素晴らしい数字だ。

前半の序盤からパワーをかけてきた鳥栖に対しても、しっかりと受け止めて主導権を渡さない。その中で少ないながらも前線で2トップが身体を張ってチャンスを作っていたことが良かったなと思う。そして先制点は意外なカタチだった。

朴一圭のゴールキックがやや短いものになって、鳥栖はいつも通りラインを高くしていたところで、志知がダイレクトで弾き返す。もちろんフアンマを狙ってのものなのだけど、なにが絶妙だったかと言うと、ゴールキックの時点ではオフサイドポジションにいたフアンマが、志知のヘディングのタイミングでDFラインに並んだこと。これ狙って出来るコンビネーションとは思えないし、相手にしても虚を突かれたはずで、その状況で判断良く裏へ抜けたフアンマが競り合いにも勝ち、右足で見事に打ち抜いた。やはりフアンマがサボらずに戻っていたことがまず良かったし、志知もチャンスの匂いは感じていただろう。

前半終了前にはヒヤリとするシーンがあったがオフサイドということで、無失点だけでなく、リードしての折り返しは理想的な展開だ。だがやはり鳥栖は後半の立ち上がりでもパワーをかけてくる。アビスパはコンパクトに構えて時間とスペースを与えない。そしてセットプレーの直後に素早く切り替えて、中盤右サイドにいた山岸と金森、そして前のコンビネーションで山岸が裏へ抜けようとするところへ完璧なタイミングで前からスルーパスが出た。あれもオフサイド上等と言わんばかりの動きだったが、それだけ攻めたからこそゴール前で時間ができ、フアンマへ渡す判断もありそうなところで、ストライカーらしく自分で行ったのが良かったし、本人が言ったように、狙い通りではなくとも泥臭くゴールに繋げて追加点。時間帯といいこれも理想的なものになった。

残りは20分以上あるわけで、ここからの振る舞いは気になったが、選手交代が今回は見事にハマって、最終盤では点を欲しがっていたジョン マリやクルークスに引っ張られるようにして攻め切っての渡のゴール。相手がやりたいことをやったような得点だったなと思う。

まあとにかく今までの長谷部アビスパではあまり観られないパターンのゴールが続いた試合で、それは鳥栖のスタイルへの対応のあらわれでもあるだろう。鳥栖はあのスタイルでACLを狙える位置にいるわけで、この試合でもそれを貫いていた。これまでも成果を挙げているわけで、そうした相手に勝ち切ったのは、また一つの自信になるのだろう。

それにしてもやはりダービーの勝利は格別である。チームにはまた次に向けて整えてもらいたい。

勝ちきる

難しい試合だったし、そうしてしまったと言えるのかもしれない。そこはジャッジのこともあったりするし、外的な要因も感じられた。湘南は明確な意図を持って2トップを潰しにきたが、そこでもっと守られないと選手はバックチャージを受け続けることになる。これでいいのかと思うトーンで試合が進んでいたが、チャンスで決定力を示したのはアビスパだった。

志知のふわりとしたファーへのクロスを山岸が折り返す。そのボールは金森に渡ってシュートを打つと相手DFの手に当たってPK。これは当たらなければゴールになったはずのものなのでイエローも妥当である。フアンマが確実に決めて先制。少ないチャンスで決めたアビスパと対照的に、湘南は裏を狙ったり中央突破を試みるがフィニッシュが弱い。それはアビスパのDFがよく対応していたからだろう。

内容からは追加点が必要だろうと感じていたけれど、そこはこちらの良さを消されたことでうまくいかなかったという印象だ。また交代メンバーと試合展開がうまく噛み合わず、終盤はどうやって守り切るかという状況だった。1トップの城後ではボールが収まらないので、時間を稼ぐこともできない。あの失点はグティへの背後からの接触があり「それでも負けてはいけない」という判定だったのだろうが、正直納得はいかない。前方へ移動しているものを後ろから押せば簡単にバランスを崩すからだ。あえて言うなら前線が緩いことで重心が下がりすぎ、ボールホルダーへのプレッシャーも弱かった。そうなると勝ちきるのは難しいし、相手が残留争いに晒されているということもある。こういうこともあると思って今後の試合にも活かしていってもらいたい。

プレミアデビュー

アビスパが鹿島に勝利した同じ夜、冨安がとうとうプレミアリーグのピッチに立った。しかもアーセナルの一員としてスタメンで、である。代表戦のあったカタールから渡英して2日後の出場という慌ただしさだった。やはりエミレーツ航空の便を使ったのだろうか笑。

条件も考慮してのあのプレーぶりなら問題は全くないと言っていい。というかかなりのタスクをすでに課されているようだし、あのボレーが入ったりしていたらそれこそ熱狂を持って迎え入れられただろう。外れたにせよ素晴らしいプレーには違いない。

彼のことだから順応はどうせ時間の問題で、もっと良くなるはずだ。ゴール自体はともかく、あの縦に速いプレミアで彼がチャンスの起点になるケースは増えていくと思われる。チームとしてはどうやら転換期のようで、冨安たち若手が順調に伸びていけば3年後のシーズンには上位を窺えるくらいにはなるのでは。クラブとしてもそういう考えかと。

思い返せばバルセロナBとの対戦で彼のプレーを初めて見て(この時相手にサンペールがいたんだよなあ)、そして翌年の2016年にトップチームでの活躍を観た。そこから5年。ベルギー、イタリアを経て最高峰のリーグへ。こんなシナリオはマンガでもなかなか書けないと思う。

そしていつか欧州の舞台に戻ったアーセナルバルセロナと対戦するようなことになって、そこに冨安がいたら最高だなと思う。まあガナーズじゃなくてもいいけど。タレントがひしめくあのリーグで彼がどのように力を発揮するか、楽しみで仕方ない。

3連勝

以前「これからのリーグ中盤ではチーム全体としてのクオリティを高めていくことが必要かと。そうなれば終盤で面白いことになると思う。」と書いたが、実際にそのようになってきたのかと思わせる勝利だった。

 

もはやただ引いているチームではなく、一体感とスピード感を持って攻守に闘えるようになった。やはり特筆すべきは山岸とフアンマの2トップのことで、DAZNの中継でも柱谷幸一が繰り返しこの2人の関係性を褒めていた。

前半17分に早くもカタチになってPKを獲得。惜しくも得点にはならなかったが、そこで引き摺らない強さがあった。1点目は26分で、点に絡んだ4人の位置関係が良く、鹿島にすればPKを失敗した山岸に注意するわけで、そこを判断良く落ち着いてフアンマへラストパスを送ってゴール。ここで注目したいのは起点になった金森にボールが渡る前。中盤でフアンマが競り、山岸はボールを死守しようと身体を張った。その結果こぼれたボールを中村が金森に供給、という流れがあった。ちょっとしたショートカウンターのようになって、相手に時間を与えなかったのが良かったと思う。

前半はそのままでも良かったが雰囲気として追加点があるなとも感じていたので、あの追加点は驚きではない。ハーフウェーライン辺りからのFKをロングキックで左に通し、一旦下げてから右に大きく展開(宮が左利きであることが活かされている)。湯澤がしっかりとコントロールして金森とのワンツーを敢行。相手の安西との勝負に勝ち、美しいクロスが供給されてフアンマが絶妙なタッチで左隅にゴール。湯澤のこのプレーは「やべっちスタジアム」でときめき、じゃなくてサブイボに選ばれるというおまけ付き。おめでとう。

そして後半64分。この3点目はデザインされたものだと言えそうで、まず志知のスローインからの2トップの狙いも面白かったが、単純にクリアされたボールをグローリがダイレクトで湯澤へ。これが良かったし、素早く呼応してフアンマがゴールへ前進してDFラインを下げさせる。彼はこの試合で2得点しているのだ。そしてボールを受けた金森がいるべき場所にいる山岸へ速いショートクロスを供給。狙いすぎずにしっかりと当てられたヘディングは沖の手に負けないでゴールへ吸い込まれた。PKの時といい、この時の反応といい、良いGKだなと思う。

その後も村上の好セーブなどでクリーンシート達成。この3連勝はすべて無失点というのが良いね。またこの連勝の中に川崎と鹿島が入っていることが価値をさらに高めている。

もはや過去の昇格時の記録も関係ない。そう言っていいくらいにこのチームは良くなった。だからここをベースにして、いかに上を目指すかだろう。指揮官のコメントにもそうした気概が感じられる。残りは10試合、この良い流れを持続していってもらいたい。