ダービーでの勝利

良い試合、良いダービーだった。しかしそれはアビスパ側にとっての見方だ。

前半は鳥栖にとっての良い時間帯が多くあり、どうなるかと思いながら見ていたが、同時に「これがアビスパのスタイル」であることも理解している。だからチャンスを待って、そこでどうするかを見極めるのだ。

この競技においてミスの許容範囲は広いし、時には残酷な結果をもたらすこともある。前半終了間際、岩崎の推進力と駆け引きによって良いクロスが入り、相手のミスを誘った。ディフレクトの影響もあっただろうし、ゴール前での緊張感がより丁寧さを求め、難しくないはずのプレーの難易度が上がったように見える。

秀逸だったのは凌我の対応で、ボールへの反応は早かったし、そこにいたことが良かった。反転してのシュートのコースは感覚だろうが、GKの動きまでわかっていたかのようだった。時間帯含めて見事だと言うしかない。

これでHTでの意思統一が容易になり、勝利に向けての手順が明確になった。だからウェリントンのゴールも、その前から何となく雰囲気を感じていたし、それはただの希望的観測でもあるのだが、彼が出ている意味を考えれば、シナリオ通りだと言える。

そういう試合になったからこそ、試合後の鳥栖サポのあの反応を引き出したのだろう。実際には難しいバランスの中で試合は行われたのだけど、あまりにもアビスパにとっての「らしい勝利」になったことで、やはり許容できないと感じてしまうのは理解できる。

こちらにも終盤で許容できないプレーがあったし、当然の判断があれば3点目をシャハブ ザヘディがゲットしていたはずだ。あれは意味がわからない。

ちなみに、シャハブのインタビューを2本立て続けに見た。一つはJリーグ公式の配信動画(地上波からの流用)、もう一つはBSでのもの。後者で彼の意外な履歴が明らかになり、なんとSBからFWにコンバートされたという。これは驚いたし、良いコンバートだったなと強く感じる。SBには「献身性」という要素が求められるし、よりモダンなフットボールであれば攻撃面での貢献も求められる。だからシャハブのようなSBがいれば、チーム自体の戦い方も変わるだろう。そして彼のボール運びのベースにはSBでの経験が生かされているのかも、とか考えてしまう。「味無しパスタを食べる」というストイックさも印象的だ。

そしてあえて言うなら、前者でのインタビューであったような下世話な質問はやめるべきだ。こっちが恥ずかしくなる。元選手の意味がないでしょ。さらに「日本人女性はどうですか?」とか。お前はポン引きか、と。敬意という言葉を知ってほしい。

さあ、言いたいこと言ったので終わりにしよう。次は首位の町田が相手だが、これはかなり楽しみな対戦と言える。期待しよう。

今シーズン初の連勝

気持ちの良いタイトルになったことに感謝。

2試合を振り返る前に触れておきたい。シャハブ ザへディの契約延長についてだが、これはとても嬉しい。基本的には当初のアナウンス通りのスケジュールで覚悟していたから、良いサプライズでもあるね。今シーズンの楽しみが増えたし、出場が待たれるナッシム ベン カリファとの共演など、今までに無かったものが見られると期待している。

さてアウェー新潟戦。悪くない前半の25分過ぎくらいに、意外性のあるボールへの対処に焦った村上の処理からピンチになったが、井上がナイスカバー。振り返るとこれは大きなプレーだった。そこから少し後のゴラッソ! 前があの距離のFKを決めるなんて誰も想像しない、なんて言ってしまうが、だからこそ入ったなと思える。

相手の壁の作り方、GKの動きを見れば、そう感じても無理はないはずだ。「開けられた門」に想定外の超絶ショットがぶち込まれて驚いた、という構図かと。そして驚いたのはスタジアム全体だ。5月はスーパーな超ロングシュートに始まり、スーパーなFKで締めくくられたわけだ。

と言うと語弊があり、この試合では紺野のゴールと無駄な失点があったのだけど。2-0で終わるべきだったのは言うまでもないことだ。

そしてこちらもアウェーでの柏戦。直近のルヴァン杯で負けており、ピッチのコンディション含めて、厳しい試合になると思われた。終わってみれば、2点を前半でリードしてのクリーンシート。アビスパが見事にリベンジを果たした。相手はミッドウィークに試合があり、そういう意味では有利な面もあっただろう。

先制点はラッキーだけど、あの形にしたことがやはり良かったのだ。追加点は狙い以上だろうし、濡れたボールによる影響も手伝ったと思う。チャレンジすることの意義を感じたゴールだ。あれだけ低い弾道で入っちゃうのはかなり珍しいしね。

中断期間の後にはダービーが待っている。色々と整えて、良い準備をしてもらいたい。ホームで期待するのは勝ち点3のみだ。

惜敗と事故

神戸戦はまたしてもクオリティに屈することになった。油断も隙もないとはこのことで、中盤に落ちてきた大迫に時間を与えて、“半端ない”ラストパスを出された。アラートの差があったと言える。

惜しい敗戦だし、よくやったと思うが、この対戦では繰り返されてきたことでもある。向こうは90分でまとめてくるし、こちらはその逆になっている。試合自体は面白いんだけどね。

切り替えたいところだが、試合は待ってくれない。3日後に迎えたセレッソ戦は壊された。誰によってか? 言うまでもなく主審にだ。

久しぶりにジャッジの不安定さ、恣意的なものを見させられた。最初のイエローと同等のものが流され、ファウルが見逃され、ノーファウルで笛が吹かれた。そういうものを見ていたから、シャハブに出された2枚目のイエローもまったく不当なものに思えるし、実際そうだ。彼にはミスもあり、それを指摘されたらカードで黙らせる。完全に間違っている。

事故に遭ったという表現が適当だと思うし、怒りは怒りとして素直に表したい。

試合内容にフォーカスすれば、2失点は妥当なものだ。ちゃんとやられているので。そして無得点については、チャレンジの影響かと思えた。

また、サイドの選手に負傷者が出ていて、特に前嶋に関しては長期の離脱が判明した。もちろん残念だし、どう手当されるのかは注目したい。

ミッドウィークにルヴァン杯、そしてまた週末の土曜にリーグとなっている。すでにJ1での経験値も積み上げられているチームだから、そこへの対処もやってくれるはずだ。期待しよう。

8戦、負けなし

これでリーグ戦は8試合負けなし、3勝5分ということらしい。その間にシャハブ ザヘディが5ゴールを決め、勝利に直結する活躍を見せ続けている。昨日はアシストもあった。

川崎戦は引き分けということで、1-1以上のスコアになることも十分ありえたが、そこはお互いがよく守ったと言える。やはり盛り上がったのは最終盤でのシャハブの1 on 1だったが、角度も難しくGKに阻まれた。とは言え、あの形になったことがまず凄いわけで、普通ならDFとの競り合いで止められていたはずだ。彼の才能が福岡の地で発揮されていることを嬉しく思う。

ドローという結果だが、相手のこと、相性を思えばとても良い内容だった。ビッグセーブもあり、この次の試合でGKが村上になったのには違和感がある。それは言及しておきたい。

そしてアウェイ京都戦。先制点はシャハブがアシストした佐藤凌我の復帰ゴール。あのGKからのロングフィードのこぼれをいち早く狙っていたシャハブがまず素晴らしい。そして裏に抜けたところで選択肢は2つあるわけで、実際に彼は目線でGKの意識を引きつけている。その上でパスを選択し、完璧な軌道で届けられた。もちろん決め切った凌我も素晴らしいが、エースの存在感がシュートコースを広げたと言っていいだろう。

失点については割愛。見ればわかるからね。

セットプレーからのゴールも良かった。田代が豪快なボレーを見事にねじ込んでのもので、こちらもシャハブがニアで引きつけて、という格好。身長のサイズがあるゆえに、打点を高くできた。

結果的にはこの直後の紺野のファインゴールが勝敗を決めたわけで、岩崎のクロスの精度含めて良い狙いだったと思う。

この後にシャハブの惜しいシュートがあったが、それは相手GKのスーパーセーブを褒めるだけだろう。逆に言えば、それくらい彼は相手から強くマークされていたということだ。今の彼はそういう役割を担ってもいる。

京都戦は白黒つくのが慣わしということで、きっちり勝って良い流れで連戦に入っていくことができそうだ。次は首位の神戸ということでどうなるか。期待しよう。

早くも月間(年間)ベストゴール

凄いゴールが出たね! あれはスタジアムで直接見ていないと正しく評価できないだろう。自分がそこに立ち会えなかったのは残念だ。Jリーグの歴史を振り返っても、ロングシュートの距離(約75mとか?)、コントロール、スピード全てベスト級と言っていいはず。

2018年までのロングシュート集を見たが、基本的にGKのミスがあって、そうでないのはとても少ない。この試合でのシャハブ ザヘディのゴールは、GKに非はなく、ピッチ上の全員を出し抜いた上での、ハイレベル&スキルフルなシュートで、「エース」と表現したくなるゴラッソだった。できる限り、多くのアングルで見てみたい。実のところ、ゴール裏のガンバサポが一番面白いアングルで見ていたのではないか。

かつて、高橋泰のスーパーFKが決まったときのことを思い出したりも。あれは現地で見ていたし、試合展開のこともあってスタジアムがとんでもない熱狂で「爆発」していた。そういうクラブ史に確実に残るスーパーなシャハブのゴールだった。

試合全体としては「もう1得点」が遠いなという印象だ。前線の変化は感じたが、そうなると決めるやつがいなくなる。出てくればいいけど、質が足りていない。厳しめに言うとそういうことだ。

それでも、あの超スーパーゴラッソを勝ち点3に繋げるという重要ミッションは達成できた。それは評価したい。次もホームということで明確に有利な条件下にある。期待しよう。

4連続ドロー

綱渡りが続いているが、これは「らしさ」の現れでもある。磐田戦に関しては2失点ということで、必敗の展開だったところをシャハブ ザヘディが救った。そして、東京V戦は決定機がお互いにありながらも、お互いがよく守ったという内容だった。

それにしても、磐田にせよ東京Vにせよ、すっかり印象が変わって良いチームになっているなと思う。どちらも強度があって、1部の水準に達しているように見える。磐田はウチの後で町田に完封勝利をしているのだから、シャハブを褒めるだけだ。

東京V戦は最大のチャンスが佐藤凌我に訪れて、当てるだけに見えたがどうなんだろうね。イージーすぎて緩んだか、ディフレクトによるスピンが予測を誤らせたか。両方かな。ただし、そこにいたことは評価できるので、慎重を期してコンディションを上げてもらいたい。それで前線の雰囲気も変わるだろう。

新加入の選手たちも戦力として存在感を増している。連戦ということでコンディション重視にはなるだろうが、こういう時に強みを出せるのがここ数年のアビスパでもある。期待しよう。

2連続ドロー

シャハブ ザヘディの順応が進んでいる。しかしそれはチームに対してというより、自分のスキルを幅をもって発揮してくれているという印象だ。そしてそれがとてもうまくいっている。その先のステップを求めるには、周囲のクオリティの向上が必要になってくるだろう。

まず名古屋戦。スコアレスだが緊張感を常にともなう試合で面白かった。残念ながら山岸が欠場ということで、最も期待したものを見ることはできなかったが、ケネディはフル出場でやや劣勢のホームチームを助けていたと思う。彼は開幕から全試合先発フル出場を継続しているようで、最初の3連敗を経て、その後は4勝1分、うちクリーンシートが2。特別何か向上したというよりは、いわゆる安定感が増してきている印象だ。まあポテンシャルを活かせているというべきか。シュート数などから言えば勝つべきだったとは感じたが、これはこれで良かったのかと。

そして広島戦。こちらはより緊張感のある、強度の高い内容になった。相手は好調を継続しており、昨年の対戦のイメージを思えば、劣勢になることをこそ予想できた。しかしここでシャハブが見事に前線の脅威になっており、素晴らしい先制点をチームにもたらした。

名古屋戦でもクロスバー直撃のヘディングがあったので、基本的に彼は決定的なフィニッシュを毎試合続けていることになる。だからこの試合でのあの強烈なゴールは、アジャストした成果と言えるだろう。言うのは簡単だが。

来日して出場5試合で3ゴール1アシストか。他所のチームであればそういう外国籍選手が現れることもあると知っているが、それをアビスパで見られるとはね。あのゴールも相手にすれば仕方ないくらいのもので、クロスも良かったがやはりシャハブの駆け引きと技術が優れていた。ちょっと面白いのはアシストした湯澤の喜びようだったりするのだが、まあ良くやったと言うべきか。

気になるのはクロスの蹴り方で、なぜスライディングを選択したのかがいまいちよくわからない。だからそれに合わせた方がやはり凄いなと。湯澤は名古屋戦でのシュートもスライディング気味に蹴っている。なんだろうね。

あえて言うなら、その後の早すぎる失点はもったいないし、良いセーブがあればと思えるシーンだった。

調子を落としている選手もいれば、ケガ人が戻ってきたりで、また次が楽しみになった。期待しよう。