勝点

勝てた試合が気がつけば負けなくてよかった試合になっていた。それは残念。しかし良く追いついたなとも思う。

先制点は見事だった。まさに揺さぶって獲ったゴールだったし、あそこでアシストを選んだ山岸が0.5点で、優しくないバウンドをしっかりコントロールしたルキアンが0.5点。2トップで獲ったゴールだ。そして待望のフアンマの得点もあり、渡も戻ってきたFW陣に幅と奥行きが出てきた。まだまだこれからだろうが、前進していることは間違い無い。

失点に関してはゴラッソは仕方ないにせよ、同点にされたシーンでは「レアンドロがフリーだった」ことが気になる。最初のシュートを永石がファインセーブして弾いたところを狙っていたのは見事だが、こちらにも人がいなかったわけじゃない。

それにしても「強めのスルーパスが事故のようにフリックで落ちてシュート、弾いてシュート&ディフレクション」なんてことがあるからこの競技は面白いんだよね。なんにしても、枠に強いシュートを打てば何かがあるのは間違い無いのだ。

永石のJ1デビューはまさに及第と言っていいだろう。ファインセーブがいくつかあり、良い意味でDFに緊張感ももたらしただろう。なにより競争があるのはとても良いことだ。

次はミッドウィークということで、この気候ではコンディションが最優先になるか。厳しい試合になるとは思うが、良い結果は十分期待できる。

期待と希望

ミラーの配置を選択したアビスパ。立ち上がりが良かったので、得点が欲しいところではあった。前半押し込んでいたのはアビスパの方で、あの失点はあまりにも残念だが、それほど間を空けずにに追いついたのは今後につながるだろう。

志知の見事なクロスの前には、右サイドで奪われかけたのをすぐに取り返して左に展開。これが良かったし、クロスに対して山岸がニアに行くことで中央のマークが1人動いたので、渡がより自由を得た格好だ。もちろんその後ろにフアンマがいたことも重要。

こういう形はあまり無かったので期待感はあった。しかし2失点めでは「またか」と思ってしまうことに。前節でも近いものがあったので、やりたいことの精度がまだ低いということだ。村上の判断も微妙だったが、要するに全体のデザイン、共通理解が甘いのではないか。

結果論にはなるが、ここでベンチは動くべきだったとも言えるだろう。決定的な場面も作ったから悪い判断ではなかったとも思うが……難しいね。

今季の広島が良いチームなのは前回の対戦で十分わかっていたし、連勝中の勢いもある。そういう相手に負けてしまうのはあることだが、とにかく失点の仕方が良く無い。これは修正できるはずのものなので、これからまた整えてほしい。

プライムステージ進出

見事な敗戦だったと思う。序盤で奈良が負傷交代したが、相手も鈴木優磨が負傷。しかしこちらは相手からのレイト気味のチャージによるものなのに対して、鈴木のは不可抗力だという差はあることは言っておきたい。

鹿島にすれば上田を代表で欠く上に、さらに鈴木までとなるとプランもかなり変わってくるだろう。しかしそこは鹿島なのでクオリティがそこまで落ちるというわけでもない。問題は鈴木が果たしていたリンクマンのような役割が失せてしまうということだろう。それは後半になると余計に表面化したと言えるのではないか。

アビスパにすれば前半で2失点は想定外で、特に2失点目に関しては不運では済まされないものだったのが残念だ。それでも前半ATで見事に崩して貴重なアウェイゴールを得た。

あのシーンはフアンマがサイドで受けて、そこから中に入りつつコンビネーションで、という考えがあったのだろうが、アウトサイドのパスが弱くなって相手に引っかかった。しかしそれがフアンマに返ってくるという格好になって、そこからあえて縦にドリブルで「揉める」ように進んだ判断が良かった。こういうのは経験のなせる技なのだろう。オーバーラップしていた前嶋にオフサイドぎりぎりの形で出して、それに引きつけられた鹿島DFを冷静に見極めて山岸へパス、そしてGKの逆をつくようにゴール右に流し込んだ。

これで優位に立ったわけだが、正直後半もこのままでは済まないだろうと思っていた。それがこのまま終わらせてしまうのだから見事な敗戦と言うよりない。鹿島相手にそれが出来たことは素晴らしいことだと思う。

次の相手はどこになるのかはともかく、そういう舞台でしか得られないものがあるはずなので、この勝ち上がりは本当に重要なものだと思う。ノックアウトステージの緊張感はチームをより成長させるはずだ。

良い状況

「クリーンシートで勝利」好きな言葉です。

美しいロングカウンターだった。この得点についてはアシストをした田中達也と、ゴールを決めた山岸それぞれのコメントがなされた。前者は『やべっちスタジアム』の「ストップ解説」で、後者は公式サイトのコメントで。

現地でも観たが、あの得点の前にもよく似た形があり、そのことは山岸が触れている。そこからのアレンジと質が良かった言うことだろう。

あの場面、まず志知が良いタイミングのパスを出して田中が自然に前を向けるところがまず良かったと思う。しかし観ていた時は相手のチェックで詰まりそうだったので「ダメかな」とも感じた。そこを下がってきた山岸にダイレクトで預けることができたことでチャンスにつながった。面白い点は田中がここでワンツーを期待していて、山岸はもう一度さっきの形をやろうと判断したこと。結局この判断によってスピード感と相手ゴールへの距離を縮めたと言えそうだ。感触をつかんでいたであろう前のフィードも絶妙で、フアンマによるスペースメイクも見事だった。そのスペースを使うというのはもう共通理解になっているようで、短くない距離のスプリントで顔を出した山岸がダイレクトで好手のクォン スンテを攻略した。

全体を通して見れば、ピンチも少なく無かったし、欲しかった追加点も取れなかった。しかし勝てた。それが重要なのだしアウェーの2ndレグに向けて「良い状況」は作った。相手は鹿島で挑戦する立場に変わりはないが、過剰なリスペクトは不要だ。勝ち抜けるイメージを十分に持って乗り込んでもらいたい。期待しよう。

ひと休み

先週の水曜のことは忘れたな……。そして週末の浦和戦は重い試合だった。あまり詳細に触れることもないが、すっかり重心が下がってきている印象だ。相手によって守備のための守備を強いられた結果とも言える。

慎重というより臆病、急ぐというより焦り、そういう印象も受ける。しかし選手たちは本当によくやっている。それは間違いない。

また疲れを癒して、目標に向かっていってもらいたい。期待している。

いろいろ凄かった

素晴らしい試合、勝利だった。ただ、ちょっと試合の事の前に触れたいものがこの日のスタジアムであったのでまず先にそれについて。

それは試合直前の清水美依紗のパフォーマンスについて。今季の“モチベーションソング”として採用されていた「Starting Now ~新しい私へ」をピッチで生歌唱するというもので、この曲はディズニーが昨年から世界的に行っているディズニープリンセスの祭典「アルティメット・プリンセス・セレブレーション」の日本版テーマ曲ということらしい。

近年のディズニー関連の日本のシンガーといえば、石橋陽彩や中元みずき(今のMizki)が思い出されるが、とにかく厳格なオーディションを経て抜擢されるということで、この清水美依紗も同様だろう。それにしても、である。いやとにかく凄かったし、この曲が女性たちに向けた応援歌だとしても、それは色んな立場の人々に向けてもそう作られていると思える力強さがあるから、彼女のパフォーマンスでスタジアムの空気が一変したと感じた。歌い終わった後の拍手の量がそれを表していたし、長い拍手の後も少しざわついていた。あのスタジアムでちょっと体験したことのない類のものだった。

ご本人のツイートを引用すると、また素晴らしい巡り合わせがあったことを知る。これも凄い。

 

もう、今年のワールドカップのテーマ曲はこれでいいのではないだろうかとさえ思ってしまうのだけど。

さて試合のこと。前述のとおりスタジアムの雰囲気はすでに熱を帯びている中で、リーグ屈指の得点力を見せている横浜FMを迎えると、否応なしに高揚してしまうもので、これも良い体験だった。開始からの序盤ではハイプレスから押し込むアビスパとそれを剥がそうとする横浜FMという構図で、ややこちらが押し込む状況が続いたと思う。前がシュートを打った決定機もあったが取りきれない。するとハイペースを自覚するようにあえて時間を使うプレーも増えてくる。雰囲気が良過ぎたのかもしれない。

こうなると後半でまた仕掛けることになるわけで、強いチームを相手にしている以上、それは想定内のことだし「よくやっている」と言える前半だった。

強度のあるプレーが続く中で、前節の川崎戦と同様に(逆の立場で)スローインからのデザインが見事にハマりクルークスが先制。2トップの関係性が効いたプレーだった。

その後にはアンデルソン ロペスの唾吐きによる退場劇があり、数的有利にはなったが相手が相手なのでむしろシンプルな攻撃への意欲が徐々にアビスパを押し込んでいくことに。しかし長すぎるATも耐え切って見事に勝利した。守備陣の気迫が負けていなかったし、それを発散させる奈良のような選手は重要な存在だなとあらためて思う。

次は早くもミッドウィーク開催ということで、まずは十分に整えて欲しい。良い勝利を良い流れにするために。期待しよう。