1位通過

順位表を何度見ても現実感が無い。素晴らしい勝利だった。

やはり前半を1失点で終えたことが大きい、という意味ではドイツ戦と同じ構図。そして「よく1失点で済んだな」というのも。ドイツ戦と違うのはスペインの本気度だろう。1-0の状況でいいというのはスペイン側の偽らざる考えのはずで、その態度は普通のことだと思いながら見ていた。

しかし、である。後半で日本が逆転し、裏ではコスタリカが逆転している時間帯があった。この時点でスペインの立場はGL敗退というものだった。ただし、すぐにドイツが同点になり短い時間だけだった。それでもドイツが勝ち越すまで10数分あり、スペインは同点になる必要もあったはずだ。しかしそうはならずに試合終了。同点になれば日本敗退の可能性もあった。

結果としてスペインは「2位通過」となり、ブラジルとは違う山に入る目算が立った。真相はどうあれ事実としてはこういう経緯があったことになる。

さて、日本代表のパフォーマンスについて。これは前の2戦よりも良かったと思う。それは意図が明確に感じられたからで、良くなかった前半もそう。時折ハイプレスも見せていて、ただ守っていただけじゃなく、状況に応じてやり方を変えるということもやっていた。

残念ながら久保や鎌田は持ち味を出せないやり方ではあったが、彼らが守備面でも問題がないことは頼もしいなと思う。そもそもあの3-4-2-1は鎌田発信のものらしい。フランクフルトがバルセロナを下したときの戦術と成功体験が反映されているという。

もちろん選手の構成、タイプなどが違うから、調整されたものだろうが、どう考えても参考になるものなのでチームとしてもありがたく採用されたのは無理もない。

まあ付け焼き刃の印象は免れないし、それがあの前半だろう。それが選手交替で一変する。久保が下がったのはよくわからないが、堂安の勢いを優先したというなら理解できる。そしてなんと言っても三笘の活躍によってあの2点が生まれた。

つまるところ前半からの伊東、そして三笘という選手達が、本来ならあまり向いていないWBをほとんど完璧にこなしたことにつきるなと。三笘の守備は旧知の谷口との連携でとても良かったなと思う。前半と違って「3バック」になったことで彼の良さも出せたし、これはスペインとの相性もあるかと。

やはりスペイン相手に点を取るにはあのクオリティのシュートがいるわけで、それは久保にも出来るはずだが、ノッている堂安が一発回答で答えた。

面白かったのは2点目で、1.8mm残しの三笘のクロスは大会を通じての名シーンになるはずだが、それとともに前田の役割が実は凄かったなと。あのとき、相手GKとDFは前田の動きに完全につられたわけで、それは普通のことだと思う。だからGKはゴールラインより内に入ってプレーが切れると判断した。そこに三笘が「時間差」で折り返して田中が反応。

これってバレーボールの時間差攻撃そのもので、一人目の前田のアタックが完璧にフェイント役として機能したところが、あの得点のキモなのだ。それが無いとGKがブロックしたはずなので。

さらに、秀逸だったのは前田に当てなかった三笘の技術で、あれは多分かかとの内側で当てて、地面に跳ねさせて浮かせるという、ちょっとよくわからない技術だった。あれ瞬時に出来るのって凄いんだけど、フロンターレサポなら「前からやってる」と言われるものなのかもしれない。

キリがないんだけど、冨安が途中出場して、相手の交代による攻撃の芽を見事に摘んだことはちゃんと言及しておこう。コンディションのことはさておき、ポジショニングの的確さ、対人の安定感などで勝利に貢献したと言える。素晴らしかった。

次はクロアチアか。コスタリカ戦のことは当然分析されるだろうが、とにかく期待しよう。

あと「日本代表はアビスパ福岡っぽいことやってる」というのはトピックになってもいいよなあ〜。

1勝1敗

まあ、恐れていたことが起こったということだ。つまり「知っている日本代表」が帰ってきた。ただし、あの残念な最終予選の序盤よりも悪いと言える。それは振る舞い方において言えるだろう。

それにしても面白くない試合だった。お互いリスクをかけない戦いに終始しながら、敵陣のアタッキングサードでかけるべきリスクを、自陣でやってしまうというチグハグさ。西スポの記事で長谷部さんが言っている通りだと思う。

それにしても、である。スタメンを見たときの第一印象は「決めるつもりだな」と思っていたし、それを期待していた。鎌田と遠藤を残したことでターンオーバー度は弱まり、90分かけてちゃんと攻めると思ったが、実際はそうはならず、2匹目のドジョウよろしく3バックに変えて、最終的に戦術は三笘になった。しかしその三笘を活かせないのだからこのチームに空虚なものを感じている。

そもそも三笘をWBに、というのが良くないので。あのドイツ戦でも彼のあの配置が奏功したとも言い切れないのだ。だからあの勝利後の選手たちの「戸惑いもあった」という発言は、まさにその通りで、練度が低いものと適性を欠いた配置。しょせんは猫騙しで、その効果はもう薄い。それでもやりそうなのが知っている森保なのだが。

スペイン戦はどうなるか。個人的にはとにかく久保が見たい。それこそ長谷部さんなら起用するだろう。柴崎はまあいいや笑。相手は確実にメンバーを落としてくるだろうし、ドイツ戦の時のスタメンで、臨機応変に久保が右に流れてカットイン、というのは可能性を感じられるものだ。三笘以前に、伊東にも輝いてほしいし、彼は今の代表を本選に導いたエースなのだ。別に論功行賞をしろというのではなく、この4年はなんだったのか、ということなのだ。

ちゃんとハイプレスもまじえてこちらのストロングを活かしつつ、やれるだけやってくれたら何の文句もない。醜く引きこもっても、共通理解の薄いやり方では確実にやられるだろう。

ただしここに来て「スペインは2位抜けを狙うのでは」という見方が出てきた笑。まあとにかく、こちらも初心に戻って「W杯でスペインと対戦」というイベントを堪能しようと思う。

ドイツ戦勝利

いや、驚いた。まさか勝つとは。「何かあってもおかしくない」とは言っていたものの。

それこそ前半は予想通りの劣勢で、正直日本代表のやりたいことが見えなくなっていた。ドイツはやけに左から攻めるなと印象づけて、右を使い始めてから左に振ってフリーを作ってPK誘発。PKとは言え、カタチは完全に崩されてのものと言える。

日本は前半のアタマからハイプレスをかけると思っていたし、ドイツ側もそうだろう。様子を見つつ思っていたのと違うなと感じながら、どこかで「何か」があると期待していたのが、そうはならずに結局先制されてしまう。キミッヒをフリーにして誰が取りに行くでもなく、伊東が下がるとその背後からラウムがオーバーラップして、というカタチ。ミュラーやムシアラを意識させられた格好。

権田はちょっと敏感すぎたかなと思う。それくらいドフリーだったわけだが「ゴール前を閉じる」意識が共有されていれば、DFに任せたはずだ。2失点めも時間の問題かと思われたが、ドイツもチャンスで良いシュートを打てなかった。そこはギリギリのところで日本も制限したと言えるだろう。権田は良かったが、あれくらいはやってもらわないと。残留争いの中での権田のパフォーマンスを見ていただけに、スタメンもシュミットダニエルを期待していたから、そういう意味では思っていたよりも良かった、くらいだろう。

オフサイドで取り消しになったが、あれが決まって0-2になれば前半で終わっていた。そして後半3バックに変えて、とうとう冨安がワールドカップ初出場。これはもちろん攻撃的なシステム変更でなければならないが、そういう森保の日本代表を見てきていない笑。「大丈夫か」と思ったが、冨安の活躍を信じて応援するだけだった。

試合後に出ていた冨安のパス成功率は95%(21本中19本)ということで、同点ゴールは彼から三笘へ渡ったところからのものだ。冨安のプレー自体はベストとは言えないだろうが、ドイツ相手に普通に対応していた。そういう安定感があの超攻撃的な布陣を支えたと言ってもいいのではないだろうか。

堂安のゴールはまさに狙い通りのものだろう。似たカタチはその前にもあったが酒井がふかしてしまった。そしてあの浅野のスーパーゴール。何度見ても意味がわからない笑。板倉からのロングフィードを前向きにトラップ。これが全てかもしれない。止めることは彼らのレベルならそれなりに成功するはずだが、さらにゴールに向かう角度で落とした。それでDFの前にも入れるわけで、その後のタッチとシュートも素晴らしいが、あのトラップは今までの日本代表のワールドカップで歴代最高のプレーじゃないかと思える。そしてそれが無いとドイツには勝てなかった。

そういう意味では板倉のフィードも殊勲だと言えるし、彼の復帰は本当に大きい。CBで人材が揃ってくるというのも日本代表の変化で重要な部分だろう。アタッカーはそれこそ飽和気味だったが、控えにまわった堂安や浅野が結果を出したわけで、三笘や南野といったタレントもベンチにいる状況というのは「いい時代になったな」と思う。

コスタリカ戦はもう明日か。彼らの大敗はショックだったが、イランがそうであったように立て直してくるはずだ。保持率は上がるだろうが、それが良い方に作用するのかはわからない。

アビスパサポであれば、ドイツ戦の勝利を残留争いの中の逆転勝ちに重ねたのではないだろうか。劣勢をはね返した歓喜の味わいはたまらない。次は相当引き締まったタイトなゲームになるだろうが「決めにいく」つもりで臨んでもらいたいなと思う。

ワールドカップカタール2022が始まる

FBSで特集された冨安の番組を観た。さすがに福岡にいた頃とは比べものにならないほど風格が漂っているなと感じた。とは言え、飄々としたところは相変わらずのようで、それはメディア対応時の態度なのかもしれないが、自然体という言葉が相応しいなと思う。

ある程度、彼の履歴は知っていたので、関係者たちの肉声が興味深かったし、もちろん本人のものも。井原については今までもあったが、久藤や岩下のものは新鮮だった。冨安が久藤に対して抱いていた気持ちは初めて知った。岩下について「駆け引き」を挙げていたが、それは当時見ていて感じていたものだ。

思えば、あの頃のアビスパは駒野、山瀬、岩下といったトップレベルを経験してきたベテランがいて、そこで得るものがあったというのは良い巡り合わせだったのだ。

 

ちょうどこういう記事もあって、内容は重なっているが、とにかく彼については「老成と向上心」という言葉がつきまとう。精神的なところで言えば、すでに国際基準だったと思えるし、そういう選手が明確な目標を持って努力を続けた結果がアーセナルなのだ。おそらく彼の評価はそこにあるのだと思う。それがあればトップオブトップに適応できると期待されたのだ。

ただ、こうして彼の特集を見聞きしても、彼のその原動力、根っこのところがいまいち伺えない。それは何と言うか不思議な選手だなとあらためて思う。激しく主張するでもなく、良い意味でセルフィッシュだが、周囲との調和は損なわない。「優等生」と言ってしまいそうになるが、それじゃ済まないんだよね。アーセナルのレギュラー格なので。

子供の時の「発火点」がどこにあって、その火がとても強く続いていることの理由は彼にしかわからないのだろう。そういう聖域がこの選手を動かしているのか。

やはりコンディションは気になるところだが、本人も言っているように大丈夫だろう。とにかく楽しみだ。

勝ち取った14位

わかってはいたが難しい試合だった。最終節の埼スタは3万人超え。フロンターレ相手のような動員で、今の浦和では珍しくなっている。アビスパの選手たちはそれを楽しむとコメントしていたが、内容を見ればギリギリのところで闘っていたのだと思う。

向こうからすればつまらない試合だっただろう。せめて勝利があれば、というところなのだがフアンマがそれを許さなかった。「これぞJ1」というクオリティのもので湯澤のクロスともに素晴らしいゴールだった。

自陣から前→ルキアンのポスト、という流れがまずあり、そこでフアンマのポジションが良く、ボールを受けた後に湯澤へ。これは前節の柏戦でも見られたもので、山岸の近くにいたフアンマから志知へ、そして山岸が決めたというもの。前線の3人がそれぞれの距離感を意識していて、それが結果に繋がったということだろう。

失点から早い時間帯だったということも価値がある。遅くなれば焦りもでるし、この日の浦和は守備がとても良かった。あそこで同点になることでその後の時間をどう振る舞うかの選択肢が増えたわけだ。これは残留争いをしているアビスパの都合でしかないが、他会場の状況が数分差で先に知れることも手伝って、現実的な判断に至った。

信じてはいたが、実際に残留が決まると何とも言えない感慨があった。それは「これまで残留争いに敗れ続けた」過去があるから。昨季は残留争いにかすりもしない素晴らしいシーズンだったので、実質「初めて残留できた」と言えるのではないだろうか。

夏場以降の苦しい時期、惜しい敗戦を経て、直近5試合で勝点10。「こういうチームが残る」というものを見ることが出来て本当に感動している。湘南やガンバも同様の数字を出しているのだ。なんという厳しい残留争いだっただろう。これもまたクラブの歴史に刻まれるべき快挙だ。

ありがとう、と言うしかない。長谷部さんも続投が決まり、このアビスパはまだ続く。J1で2シーズン戦い、研究されたところから乗り越えて生還した。直近の5試合が特別良かったか、というとそうでもない。このチームはいつも闘っているし、誰かが手を抜けばそこが綻びる。しかしそれを許さない雰囲気を纏ってきている。当然のようでそうじゃないのだ。それが「アビスパスタイル」であるというなら、ずっと手放さずに、磨きをかけてもらいたい。

今から来季が楽しみだ。

あ、田中佑昌が功労選手賞ということで、これも実におめでたい。素晴らしいことだ。彼のような良い選手が離れないクラブになればいいなと強く思う。

冨安ワールドカップへ

とうとう冨安がワールドカップ本選に向かう。プレミアのビッグクラブでレギュラーにも復帰した彼にすれば、プレーのレベルは完全に合わせることができるだろう。むしろリーグでの戦いの方が厳しいと言える部分はあるのか。しかしやはりそこはワールドカップであり、その状況でのドイツ、コスタリカ、そしてスペインなのだから、また違うハイレベルな戦いが待っているはずだ。勝つに越したことはないが、極めて難しい相手ばかりである。そういう意味でも、面白い大会になるし、なにしろそこにアビスパ出身の選手がいるので、これまでで最も楽しみな日本代表だ。

 

そしてどうやら今日、太宰府市でこんなのがあったようで。

本来は強豪との差を埋めるべく連携を高めていく時間こそ、日本代表に必要なはずなので、この根拠は微妙すぎる。ただし、今回のイレギュラーなスケジュールの影響が最も出るのは初戦なのは間違いない。鎌田や遠藤という、ブンデスで真に活躍している存在も心強いし、アタッカー陣もタレント揃い。何かが起こってもおかしくない。

Relegation battle 2

素晴らしいゴール、素晴らしい勝利だった。やはり先制点というのは最高の潤滑剤で、あの前半はおよそ完璧といえるような内容になった。

山岸はアビスパ福岡のJ1におけるシーズン最多得点に並んだという。2桁は日本人選手としては初めてということは聞いていたけど「誰だっけ、古い方だろう」と思っていた。それがトログリオと知って、そこまで遡るのかと笑。実際のプレーは1回だけ博多の森で観た記憶があるが、一人だけドリブルのスピードが段違いだったのを覚えている。

この試合の前日にはDAZNアビスパのドキュメンタリーシリーズが始まっていて、その初回に大きく取り上げられていた山岸。ノートのことは知っていたけど、その内容も少し触れられていて興味深く観ていた。そして昨日のゴール、という流れは出来過ぎとさえ思えるが、努力が報われるのを見るのは気持ちが良いものだ。試合後のコメントではスカウティングの情報を活かしたとも言っているので、あのシーンにかけた人数含めてデザインされたものなのだろう。そしてエース的存在の価値や貴重さはアビスパの履歴においてとても大きい。

良い時間帯で追加点、というのも課題としてあり続けるが、フアンマが理想的な時間帯に追加点を決めてくれた。おそらく相手DFは山岸も気になりつつボールウォッチャーになったところでマークを外されたのだと思うが、見事にフリーになってしっかり決めた。湯澤のクロスも見事だった。

後半はややバタバタとしてしまいながらも、ハードワークと集中を途切れさせなかったのが勝利に繋がったのだと思う。勝たないといけない試合で続けて結果を出したことは本当に素晴らしい。夏場のアクシデントがなければ、こういう力強さと連携によるアップデートは早く進んだはずで、それでも間に合ったことは本当に良かった。

自動降格は無くなった。あとはPOの可能性が残るが、言えることはシンプルだ。一戦必勝。期待している。