得難い経験?

銃声とともに幕を開けたコンフェデ杯、ゴール裏で見たブラジルの圧倒的な力
先日のオーストラリア、イラク戦からの流れで今の代表チームが良いコンディションにあるとは思えません。基本的にオーストラリア戦がピークに合わせるべき試合だったはずで、その上であの残念な内容だったから長距離移動&過密日程の中で状況が上向くわけもなく。
オージー相手に感じられた部分がそのまま拡大されて露呈したという印象。まあマルセロとアウヴェスを揃えてきたブラジルにどんな目に遭わされたところで嘆くこともないし、ウッチーがネイマールをどうにか抑えたといってもマルセロがその気になればボコボコにされていたと思うし‥‥。ブラジルは安全運転でこの結果を出してきたということでしょう。
とりあえず日本サイドとしては、スタメンの意図がわからなかったし案の定試合後のザックの言い分も楽天的に思えます。チームには挑戦する姿勢を表現して欲しかったがゆえの各ハーフ開始直後のハイプレスだったのだろうけど、何と言うか本気度が低かったよね。その時間帯で失点を繰り返したのは必然でしょう。そこを上手く利用するブラジルには恐れ入るしかない。
次に向けてやって欲しいのは、明らかに出来の悪かった選手を入れ替えることですね。具体的には遠藤と本田、長友かな。コンディションが悪いのに名前だけで出していてもチームにとってはいいことないと思います。特に遠藤はここ数年の目覚ましい活躍の代償としてプレーの質が落ちています。若いうちに海外で摩耗しなかった彼ですが、昨季からちょっとね‥。1年後の本番でのことをちゃんと考えるなら彼の替わりになる選手を確立すべきだと思う。少なくともコンディションの良い選手であってほしい。
今の代表がプレスに弱いことはわかっていたけど、今朝の試合に関してはひどすぎた。このままでは予選ではポゼッション、本選ではゼロトップ&カウンターとかいう流れは変えられない。