接戦

ミッドウィーク開催で相手は連勝中の鹿島。リーグ屈指の2トップをどうにか抑えていたが、最終的にクオリティに屈した格好だ。上田の意外性のあるシュートは現地で見ていても「ディフレクションがあったかな」というもので、村上の動きからも伺えた。帰ってDAZNで確認するとシュートに反応しかけた宮がうなだれているので、絶妙に触れていたのだろう。まあシュートを打てば何かがあるということだ。

全体を通して見れば、強度では互角だったと思う。しかしセットプレーでチャンスをつくることができる鹿島を見ていて「このままだとマズいな」とは感じていた。それに相手はそれなりに対策を講じていたわけで、こと攻撃に関しては手詰まり感のある前半だった。

後半で選手交替があり、そこで押し返すこともできたがPA付近でのクオリティに欠けたかな。そうさせたのは鹿島の守備なのだと言えるので、仕方ない。

今季で負けた相手が今どういう位置にいるか、を思えばこの敗戦によって下を向くこともない。むしろ良く闘ったのだ。

次は広島とのアウェー戦。特徴のあるチームになっているようで、また楽しみな対戦である。まずはクリーンシート、そして得点をもぎ取ってほしい。

2022 ダービー 1st

良い試合だった。どちらかと言えばアビスパの良さが出ていたと思う。後半で取れそうな時間帯があったが、もう一歩だったかと。

2トップは相変わらず良くて、チームを助けている。チームとして彼らに報いることが出来ればいいのだが、連係というところではまだ足りていない印象でもある。ルキアンに出してほしいなと思うシーンもあったしね。

とにかくアツい試合で、ピッチ上の熱量で言えばこれまでのダービーの中でもベストだったかもしれない。そういうのはお互いのバランスによってもたらされるものだろうが、抑制の効いたアツさが観ていて伝わってきた。チャンスの数、質から言えばアビスパの方が勝利に近かったとは言えるだろうが……ホントあと少しなんだよね。

次はミッドウィーク開催が控えているから、金曜の開催というのは良かった。また準備して次こそホームでの勝利を期待している。

2022 初勝利

遠かったゴールが複数得られた。スタメンでのフアンマと山岸の2トップは今季初だが、すでに獲得されたコンビネーション、信頼感がお互いにあるので、これくらいはやってくれると思っていた。そこにルキアンがより早く融合してくれるといいのだが、もう少し時間がかかるのは仕方ないし、それほど心配もしていない。ルキアンが確実にフィットする選手なのはもう十分にわかっているから。

この試合ではクルークスの出来が素晴らしく、左足クロスの精度は今季では一番だろう。コンディションが上がってきているのだと思うし、69分くらいに1人で2人相手にキープしてチャンスに繋げたのも凄かった。昨年の4月に合流したのだから、もうすぐ1年になる。こういう社会状況で知らない土地、リーグ、文化などストレスの要因はいくつももあったはずだが、次第に慣れて、本領を発揮しつつあるということか。金森も見たい選手だが、それぞれの特性を活かしつつ長いシーズンに対応していくのだろう。途中出場だった金森は、ちょっと入れ込み過ぎじゃないかと思えるほど闘っていた。

しかしあの先制点のシーンはちょっと面白かった。田中達也から山岸へのパスはお互いの意図が合わなかったのだと思うけど、判断良く山岸が裏へ抜けて、スペースもあったが早めに中央のフアンマへ。足元に入りすぎたのをこれも素晴らしい判断でクルークスへ。右足で相手DFをブロックしながら後ろを通すと言うテクニカルなモノ。クルークスは冷静に隙間を狙って流し込んだ。それぞれの局面でイレギュラーがあっても最終的にはデザインされたものになっているのが良かった。

田中達也の2点目は、これもちょっと面白くて、フアンマは自分じゃないからゴールに対してのリアクションが薄く、決めた田中は古巣への気遣いでガッツポーズすらない。旗が上がってるのかと思わされるという、なんとも言えない追加点だった。

正直、2失点は残念すぎるし特にペレイラの方はチュ セジョンへの寄せが甘くフリーで時間を与えすぎた。村上のパンチングの問題ではない。

ともあれ一つ結果が出たことを喜びたい。リーグが中断する前というのも良かった。カップ戦はどのようになるかわからないが、来るべきダービーに向けて準備をしてほしい。

距離感

引き分けが妥当だったと思う。しかしそれで勝つこともあるし、その逆もまた。それにしてもゴールが遠い。

スタメンの2トップは本当によくやっていると思う。多くのタスクをこなしながらチャンスメイクも実際出来ている。もちろん彼らが決めることがベターだが、そこはチームとしての利益を優先しているということだ。

昨季は1勝1分だった柏とは「やはりこうなるのだな」と思える内容になったが、まあとにかくアツい試合だった。そしてアチラはワンチャンスをモノにし、コチラは決めきれず。難易度から言えば……まあ崩したことを評価しよう。

早めに2トップを替えたが、まだ長いシーズンを見越してのマネジメントも含めてのことだろうと理解している。またチームとして進んでいることも感じられているので、次こそは期待している。

ちょっとした距離感でチャンスやピンチの質も変わるだろう。強度は問題ないので、少し修正するなり付け加えるなりで良くなっていくのではないか。

進んでいる

良くなってきているなと感じられる内容だった。決定機の数と質を思えば複数得点もあったかもしれない。札幌は失点が少ないとは言えないチームだが、ミラーゲームの処し方が上手いのは昨季でわかっていた。そういう相手に先手を打てたのは価値がある。結果に繋がらなかったのは残念だが、そこは評価できるのだ。

最初のPK獲得のシーンは、まず中盤あたりまで下がってボールを奪った山岸が繋いで、そのまま相手である田中に先んじて上がっていって、最終的に相手の前でパスを受けたことが良かった。右で打てるように中央に入っていったので相手のミスを誘うことにもなった。

PK失敗の後もチャンスを作り続けた。34分に混戦になったゴール前の山岸から湯澤に良いパスが出て決定的な場面になったが相手DFのカバーで得点ならず。良いコース、良いシュートだったがこれは仕方ない。38分の取り消しになったゴールのシーンは、その前にFKのこぼれ球を山岸が収めてクルークスに渡して、クロスをクリアされて獲得したCKからのものだった。あれも山岸がFWらしくやや強引にシュートを打ってからの流れがあった。ルキアンの反応は良かったがちょっと不運だったね。

まあとにかく激しい攻防の中で自分たちの攻勢の時間を作り続けたことが良かったなと思う。これだけチャンスを逃してもなお、強度を落とさなかったことは素晴らしいが、交替によって良い流れを作れなかったのは残念。しかし今はまだ見守る期間だと考えているので、また次に期待しよう。面白い試合だった。

クリーンシート

とりあえずの無失点、それは良かったし試合そのものも強度のある引き締まったものだった。またこのタイミングでスタメンに名を連ねたイニエスタはフル出場し、そのプレーぶりには相変わらず感嘆させられた。まだコンディションを上げている段階だろうが、拮抗した展開が続く中で彼を下げることも出来なかったという見方もできる。珍しく警告を受けるシーンもあり、それだけ神戸は勝ちたかったということだ。

立ち上がりはアビスパ、1stの後半、2ndの前半は神戸、そして終盤はアビスパが主導権を握ったと言えそうな流れで、スケジュール的によりハードな神戸の方が後半に強度を落とすことは予想できた。後半に結果を出してきたアビスパだけに期待もできたがあと少し足りなかった。

守備面ではミスから生じた決定的なピンチもあったが、村上が冷静に対処して枠を捉えさせなかったのも大きい。DFラインはアクシデントもあったが湯澤がいるのでまったく問題なかったし、実際にそう出来るのは素晴らしいことだ。

開幕と比べても前進している部分も見受けられたし、アウェーの神戸を抑え込めたのは一つの成功体験だと言える。次戦での勝利を期待したい。

2022 開幕

あと数分で勝ち点が逃げていく。「もう〜〜」となりながらも「今年もリーグが始まったな」と実感する。そういう意味では良い開幕だったとも言える。

内容的には勝ちが相応しいものだったし、前半での良い時間帯に得点できていれば複数もあっただろう。そこは磐田がよく守ったと言えそうで、なかなか枠をとらえられない。しかしそういう誤差を後半に修正できたのは良かった。やはり1部に残ってメンバーもほぼ保持できたことで、幅と厚みが増したように思う。でもまだこれからだし、ここからどうなっていくのかを今季も見届けることになる。

まだ詳しく言及することもないが、新加入の前嶋のファインゴールなど見どころもあり、チームの成長を期待できるなと感じられる開幕戦だった。最後に付け加えるなら、ルキアンは優しいなということかな。次からは遠慮なくやってもらいたい。